北京中医薬大学の東直門病院のマッサージ科主任刘长信は、私達のすべての人の体にも三個のツボを押し、正しいことが効果的に止汗.実は、汗は、正常な生理現象が、それには体温を調節を促し、体内の“毒素”のほか列、逆に抑制発汗健康に良くない盲目.汗が出るのは多すぎはいくつかの内科病気がちの外在する態度、例えば甲状腺機能高進、自律神経失調症、リウマチ熱、結核患者など、よく自然発汗、寝汗などの異常現象.内科治療の基礎に、マッサージの下3つのツボ、3つのツボ,
精力剤,マッサージ.普段汗の多い人、このマッサージ,水虫、過度に汗をかいて汗を防止することを防止することができます.いち.ホクは親指と人差し指の根元の中間のへこみ、いわゆる虎口.こねホクにまで手に汗効果.穀す大腸血気が集まって形成強大な水濡れ気風場.近代的な研究は、こねホクに達する汗腺を収縮の効果.ポイント:操作時に揉んで手の親指を押してこね侧手のホクで、力が生み出すSuanzhang感を宜.複溜穴位置に.すね内踝とアキレスの間に、広い所に.復溜という言葉のうち、復は繰り返し、溜はそっと散逸す腎臓の水濡れのガスその蒸発上り.揉みの汗の効果は刺激を刺激するには、水分代謝正常.ホクや複溜穴は止汗のベストパートナー.こねポイント:ホクに重点を軽くこすって、復溜穴.汗が多過ぎる場合、ひとまず揉み穀に分、って感じで明らかに痛みを軽くこすっ度、さらに復溜に分.さん.足三里ほかひざ下に位置する目量よんしよ横、腓骨骨折と脛骨の間.足三里は強壮心身の大きい穴,マッサージが機体の免疫力を強化するには、病気への抵抗力を調節して、調理の好み、補う中に益の息、通経すばしこくて、まばらに濡れ、正気を助け邪気を払うの風化作用.近代的な医学は、足三里どおりに副腎皮質システム機能双方向良性調節の作用を高めることができる機体の病気を防ぐ能力.こねは長年に足三里体も弱いし、汗をかきすぎた患者より適している.押し揉みポイント:親指の面を足三里ツボの上に、まず自分の手で押しながら垂直ながら揉んで生まれ、酸、膨れて感を度にして、毎回押し揉み続けて数秒後、だんだんをリラックスして、毎日はマッサージに~さん回、毎回ご分.