アーカイブ:

11月, 2016

どの水虫ようにして女の子の月経困難漢方医の方法の治療を治療することを治療することを治療して

Pでは、靑春という人は、初潮として、月経困難の現象が現れ、大病をしているように注意して、休憩体質に気をつけて、漢方医の方法を通じて治療することができます.

「P性月経困難症と二次性月経困難症については、2種類の月経困難と、2種類の月経困難と、2種類の月経困難症.原発性月経困難症で未出産の若い女性や体質が虚弱や痛みに敏感に敏感な人は、思春期としても月経困難となる.統計によると、約30%の女性が原発性月経困難症、あるだけの軽い調子が悪くて、あるは大病、痛みから下腹部まで延びて腰らかって背中、太もも、足も伴って息苦しくて、不眠、疲労、気絶など全身症状、月複一月.月経困難は緻命、女性の仕事と学習に影響を与え、生活の質と楽しみを低減されました.

月経困難症の発症、体も弱いし、ストレス、知覚過敏や子宮口や子宮頸管狭窄症、子宮を過度に傾いて曲げて、子宮内膜塊状抜け落ち、滯留に月経、刺激の子宮収縮;あるいは子宮内膜の破片や月経にプロスタグランジン含有量異よく高まるように子宮筋肉と血管攣縮性収縮などの要因について.また、月経困難の発生は心理的、社会的要因と関係がある.漢方医の角度から分析して、生理痛が多いから、气滞,水虫、血瘀に寒結.

靑年靑年靑年的靑年生活方式、痛みを緩和する.まず、月経衛生、前期と月経、生もと激辛など刺激性の強い食べ物を食べて.月経の緊張、恐怖心を解消し、気持ちを楽しく,休憩に注意してください.次に、スポーツを強化,特に体質虚弱者、栄養状態改善、慢性疾患治療にも積極的に治療する.月経期は避けるように濡れて防寒を避けるために、雨に濡れ、渡、水泳など、注意してください.また、痛み発作時には対症処理、必要に応じて鎮痛薬を服用します.

p>を経て<ば一般生活の調整の後は効き目がある者に助けを求め、漢方医.中医学は原発性月経困難症方面に豊富な経験を積んで、医者は持ち主を未来、遣方薬.一般使用を化瘀温経方薬.選択の当帰、センキュウ、赤芍、桂枝、制香附各じゅうにグラム、元胡ごグラム、耕地じゅうグラム、紅花、仁の各よんしよグラム、水を煎じ、毎日いち剤、毎回月経前さん日服用し始めて、よく満足の効果を得ることができる.また、漢方医マッサージ、月経困難、操作は簡単に、効果的に迅速に、試みてみてもいいです.

産水虫後頭がよく痛いと月子月子になった

一般的に、女性は十月妊娠無事出産後、そのには時期が座って月子の養生の段階で、しかし、もし座って月子期間を整えて女友達は自分の体の場合、それは可能性がありますいくつかの患上月子病、女性が座って月子時きっと気をつけ.

Pは、

は1、産後頭が痛い
.産後の出血が多すぎて、血気の不足、血を脳や体のびくびく冷やさ寒邪客脳、または鬱血人経絡、立ち往生ネットによる脳.西洋医学はホルモンの分泌のレベルの変化によって引き起こす可能性があります.また、分娩時硬膜外腔で鎮痛鎮痛や脊椎穿刺、激しい頭痛が引き起こす可能性もあるという.

p2、産後は全身だるくて痛いです.産後は全身だるくて、産婦で関節痛や全身痛が出て、痛み部位の皮膚表面無腫れ現象があり、産後として痛みや産後関節痛.

さん、そして下腹部の寒い痛み、鍵の痛み、産後の脱毛、産後のうつ病、産後の血晕などの症状.

月子病:月子病どう調理するか:

月の風病と風邪が似て、頭痛、手足が柔らかく、全身力など、医師が風邪を引き風邪、痛み止め針、痛み止め.薬を飲んだ後にしばらく有効に、しかし一日後に病状は依然として、多くの人は大病院まで検査して、病状が検出できなくて、患者は痛みに苦しめられ、苦痛は一生です.

1、妊産婦の部屋は日当たり、風通し、乾燥し、空気の新鮮な、湿っぽく、陰気環境を避ける.

P2、月子の間には保温作業、特に汗をかいた後に風や風邪を受けて.

P3、洗面は温水で、冷水.

4、注意して休む、と注意してはならなかった.心が穏やかで、情緒が安定している.

5、水虫、堅持して正しい座り、立、駅、歩く、睡眠の姿勢.

の普通の情況の下で、女性は患上月子病気をしてから、その多くが、全身だるくて痛くて、下腹部は寒くて痛いと産後脱毛などの症状は、したがって、座って月子期間女性発見なら体に上記の症状、気をつけて、タイムリーな調整相応の防護措置.

の水虫ぼせる痘は冬ののぼせる痘どのようにすることをしますか?

Pは冬が来ると、非常にのぼせる、人はのぼせる、または湿疹.痒みになって多くの人が悩んでいる.実は、軽度の湿疹やのぼせる長い天然痘、スイカズラ、タンポポの花の水を煮て敷脸緩和.スイカズラが解熱解毒、涼散熱効果、使える各種熱病
.スイカズラ水を煮て敷脸も緩和軽度の湿疹か、湿疹の悩みはチェックしてみて.

には合理的な食事、多く野菜果物を食べます.冬はかんしゃくが盛んで、デトックスや食も大きく関係して.暑いので,水虫、冬の食では肉の比重、マトン,肉の等温、暑い肉食は、防寒の選択になります.寒いところには、重油重に辛い鍋も人気がある.肉自体は暑い食べ物,加えて油っこい、重々しい、胃腸の負担になり便秘になります.宿便の毒作用みんなはすべてとても明らか.

最近のコメント