1位の両目とも白内障の患者が、希望の術の後でほとんど日常生活必要再装着老眼鏡、医師を提案する最新の導入の全コークス帯人工水晶体だけでなく、白内障の問題解決、後日も老眼鏡の依存度を下げて、術の後で視力の品質の割引を満たすために,病患者のほとんど日常生活の視力の需要、そして家族や友達が平板持続インタラクティブ.開業眼科クリニック院長の李德孝は、過去に人工水晶体は単焦点や焦点、視力に限って特定の焦点距離で見るだけ見近や遠いけれども、全コークス帯人工水晶体突破焦点の制限、全体が段もはっきり明るい視野、非常に次の近自然目の視力場合、かつ遠く、で、近くの視力品質はっきり無色散、患者の脱年目のかすみの悩み.

1人2人は白内障がある

は1人あたり1人が白内障です台灣の病気によって

疫学研究、白内障は現在国内の銀髪族、眼科外来の受診率一の疾病、65歳以上の高齢者の白内障の盛行率は約60%で、平均に人にいち人罹患白内障.

p白内障手術後、患者が老問題に直面している

問題<P>について白内障患者は手術後,最大の問題に直面しているという.眼科クリニック院長の李德孝」は、人間の目は連続可変ズームを問わず,水虫、距離、中、近くてもはっきり見えて、白内障の手術後は多種の人工水晶体を選択することができるが、単焦点、人工水晶体の焦点は、点の概念は、見る物距離は人の特定の屈折焦点で視物がやっと明確;遠すぎるなら、近すぎる、視力ぼやけが.

Pは焦ディオと、多くのこげが視力範囲に制限がある

李德孝院長例を挙げて、単焦点人工水晶体、遠くの視力を提供できる良好で、近くを見る場合、装着老眼鏡 ;適合近距離の焦点を人工水晶体が、遠くを見て、近くを見るが、中距離(例えばコンピュータを見て、炒め物)の視力はあいまいで、しかも対比特に夜間視力低下の影響、視覚.

全コークス段人工水晶体が一番趋近自然目の人工水晶体

現在最も趋近自然目の人工水晶体は、全コークス帯人工水晶体.李德孝院長を強調し、全コークス帯人工水晶体、屈折フォーカス形成の1段の続きをはっきり屈折焦段、非焦点を獲得し、同時に遠く、中、近距離の連続品質良質視力、任意の光の中でも迫真の視覚は収差.特に夜間の運転者にとっては、ハレーション、グレアなど状況、短縮病に適応期、視覚満足度を向上させている.

自分の生活に適した人工水晶体を選択して

選択して、一番自分の生活に適した人工水晶体<P>を選択どのように人工水晶体を選択するのでしょうか?李德孝院長は、主に考慮を望むことができるかどうかを選択したいなら眼鏡をかけて、多い焦点レンズに眼鏡、慣れない旨を考える者経済や生活需要を選び、人工水晶体の特殊な機能、活」