一般的に、女性は十月妊娠無事出産後、そのには時期が座って月子の養生の段階で、しかし、もし座って月子期間を整えて女友達は自分の体の場合、それは可能性がありますいくつかの患上月子病、女性が座って月子時きっと気をつけ.

Pは、

は1、産後頭が痛い.産後の出血が多すぎて、血気の不足、血を脳や体のびくびく冷やさ寒邪客脳、または鬱血人経絡、立ち往生ネットによる脳.西洋医学はホルモンの分泌のレベルの変化によって引き起こす可能性があります.また、分娩時硬膜外腔で鎮痛鎮痛や脊椎穿刺、激しい頭痛が引き起こす可能性もあるという
.

p2、産後は全身だるくて痛いです.産後は全身だるくて、産婦で関節痛や全身痛が出て、痛み部位の皮膚表面無腫れ現象があり、産後として痛みや産後関節痛.

さん、そして下腹部の寒い痛み、鍵の痛み、産後の脱毛、産後のうつ病、産後の血晕などの症状.

月子病:月子病どう調理するか:

月の風病と風邪が似て、頭痛、手足が柔らかく、全身力など、医師が風邪を引き風邪、痛み止め針、痛み止め.薬を飲んだ後にしばらく有効に、しかし一日後に病状は依然として、多くの人は大病院まで検査して、病状が検出できなくて、患者は痛みに苦しめられ、苦痛は一生です.

1、妊産婦の部屋は日当たり、風通し、乾燥し、空気の新鮮な、湿っぽく、陰気環境を避ける.

P2、月子の間には保温作業、特に汗をかいた後に風や風邪を受けて.

P3、洗面は温水で、冷水.

4、注意して休む、と注意してはならなかった.心が穏やかで、情緒が安定している.

5、水虫、堅持して正しい座り、立、駅、歩く、睡眠の姿勢.

の普通の情況の下で、女性は患上月子病気をしてから、その多くが、全身だるくて痛くて、下腹部は寒くて痛いと産後脱毛などの症状は、したがって、座って月子期間女性発見なら体に上記の症状、気をつけて、タイムリーな調整相応の防護措置.