ベンチやベッド、急速にぴんとすね、割と太ももの直線で、足尖なるべく内掛けをし、ご秒、ゆっくりおろし.この組、一しじゅうご個、一度し3 – 5組、日に度.あおむけにベッドの上で、単足がぴんと,水虫、持ち上げさんじゅう度ぐらい、10 –
30秒を維持し、別の足を.両足の交互運動、練習はしばらく練習した後、練習で足を1つの枕で、力を増加し、毎日2~3回も練習することができます.あおむけにベッドに足をひざを曲げて、太ももとすねの角度が直角、一方の足を伸ばして足を伸ばして、上へ上げて、地上約じゅうセンチメートルぐらいで、保持ご秒ぐらいの時間動かないで、ゆっくりとに戻るの姿勢を平らにする.休みのにーさん秒後、また上に足を、繰り返し同じ動作を繰り返し、にじゅう度.あおむけ、片側は下肢伸ばして伸ばして,別の片側は下肢して、太ももはできるだけ胸に近くて、交互に練習して別の下肢を練習して.暇な時,壁をしっかりとして、できるだけぴたりて、5秒更に置いて、10回は1組にして、毎回5秒組にして、1組の3回の組にして.これも足首関節安定の良い方法を増加して、特に長い時間の足が痛い人が痛い人.最後に、中高年はしゃがみ練習をしないようにしておくべきだ.しゃがむ、必要に注意速度はゆっくりと手を利用して支えて.毎日10分、1段、ひざ痛の症状は明らかに改善されている.関節に現れて明らかな痛みが腫れる時、休むことを主として、次の階段、ジョギングなど、膝関節の荷重の運動、歩行時には杖を使って関節負担を軽減するべきだ.関節の痛みが腫れて明らかに改善する時、やっと上述の鍛錬に適します.