p>アメリカコンシューマー<
;記事』(コンシューマーReports)雑誌じゅうく日発表した分析の報告書によると、アメリカ国内販売のすべての生鶏肉、97%含有サルモネラ菌や大腸菌など有害な細菌,アメリカ農業部はこれに対して成長しないが、全国の養鶏協会は、安全を確保できる賢い処理.

この研究

2013年秋から行われ、当時アメリカ爆発サルモネラ菌感染を招き、全国約389人が感染.増刊号は、アメリカ26州調達316部生ササミ検査では、発見ほとんど検体が少なくとも1種の有害な細菌について.また、少なくとも半分の検査体があり、細菌性に抗し、3種類以上の抗生物質を抵抗することができます.

も初めて発見した6種類の細菌が現れ、種菌と汚染率はそれぞれ肠球菌(<神経> Enterococcus

を分析するよんしよから大きなブランド(Perdue、Pilgrim ‘ s,Sanderson FarmsとTyson)のサンプリング病菌保有量が心配、また半数以上の検体があったなら糞便汚染物質を飲んで血液や尿道につながる可能性感染.消費者報道によると、汚染鶏肉の細菌は苦手、消費者は他の物体表面に触れ、台所にある細菌は交差汚染として伝播することができる.感染、専門家の提案,水虫、生鶏肉製品後、直ちに手洗いし、鶏肉の内部で華氏少なくとも165度(摂氏74度)の温度.

が全国で養鶏協会(ザナショナルチキンCouncil)によると、同刊の検査サンプリングほとんどありえないだけを占めて、毎日鶏肉製品の販売0.0004%.鶏肉はアメリカ最も広く食用の肉を食べることができ、2014年にアメリカ人が予想される約84ポンド(約38.18キロ)の鶏肉.全国の養鶏協会はアメリカ人は毎日食用約いち億ろく、000万部の鶏肉、そのうち99 . 99%安全、また「殘念ながら、コンシューマー報道"最近発表した『深さ』報告、見落としたこのデータ.

(表紙