朝起き,窓の外の空は澱ん、風が通る音が聞こえてきました.外に出て、頭を仰いで、私は感じました冷たい寒さ、空の翻っている見えない雨が.秋は本当に来た!

p>のように<昨日太陽がまだ目に、その金色の小さな日光撒き散らす進窓に一室温もり.夏はまだ遅々とていない,水虫、秋には仕方ないなどと、待っていた.太陽の花がほころぶの笑顔、彼女は最も好きな夏の、あいつを夏能最多の日光と温もり.第1筋の光が新たなる希望、彼女はうつむいている嬌羞に待っていますが、今日は、彼女を待たずに彼女の夫がなかなか情熱を持って、肌寒い雨の体が小刻みに震えている.夏、秋が来た、やっといやいやながら歩いた.

靑、夏の情熱、秋の爽やかさをもたらしました.赤い緑の葉、黄芝生、空の中、1行の白鷺は南へ行って、これは秋独特の景色です,
.

私は秋には詩情を持っていますが、何の言語で解釈するのか分からない.秋は寂寥、秋は荒涼の,秋は孤独、秋も派手ににぎやかです.だから、詞藻は秋の風霜と趣がありません.私は心の中で味わって、心には、言のない感情を覚えている.