pの予防には、何か注意しなければならないことは何ですか.流産は妊婦にとって、体の上でと心理の上ですべて1度の重い打撃、妊娠する自身は1件の慎重な事です.では、お母さんたちはどうやって流産を予防するべきでしょうか.次は一起きてみましょう.

には不適当な節食自分の分娩後に太って、体型美を失う、妊娠中に食べたり肉、卵などを食べたり、食べたりして、普段よりも食べていたりします.これは胎児の急速に生育発育の必要に満足できなく、胎児に対して明後日も補填にくい損害をもたらします.

p2 .あやしい妊娠が直ちに検査に行きます

多くの妊婦が出始めのいくつかの妊娠反応にそうとは思わないも早めに家を教えて、肉親より受動病院に行って検査して、一、二ヶ月は!.このように、妊娠確定時、多くはすでに妊娠3か月が過ぎ、過ぎやすいよう奇形や流産の危険を無視して妊娠時期、保健、母子健康てきわめて不利で、甚だしきに至っては深刻な結果を招くことができて.

妊娠後、按期産前検査

は,按期にしないと、按期検査しますp> <現在、まだかなりの部分(農村から多く)妊婦内気や面倒などの原因で,水虫、時間どおりに産前検査をし、この適時に発見し妊娠合併症および胎位,胎児に異常は、難産の重要な原因の一つ.