重症うつ病と診断の拡大を防止し、重症うつ病診断の拡大を防止する.鬱は一人一人が持って、うつ病になってからではなく、うつ病になっても.まず一組重症うつ病症状群,水虫、単にある症状診断できる;またうつ病の症状が少なくとも1組の同じ2週間以内に毎日のほとんどの時間内にも繰り返し考えがやっと重症うつ病の診断;また重症うつ病を満たすために必要が一定の深刻さ、つまり社会機能の損傷に本人による痛みや不良な後の結果.にいくつかだけうつ症状(不足CCMD-3要求のよんしよの症状)やうつ症状時間不足に週間あるいは深刻度軽いの場合、このような状況を訪れる臨床亜症候群性うつ(SSD)も、提案を大切にすべきだ、やはりプロ精神衛生機関に相談、医師と一緒に相談して措置に受け答えして.うつ病はどのように治療するべきか」(2)うつ病,直ちに正規の治療を受けて.国内の研究によると、92%のうつ病治療を求めないで、全国地市級以上の非専門病院にうつ病の識別率はまだ20%
.多くの患者はいったん心うつ病と診断されように装着された帽子精神疾患のため、専門医療機関を診てきって、実はうつ病は心の風邪を患ってならない1つの風邪で恥じる;も患者が自分の多くを鬱症状、たとえばいくつか悲観ネガティブな考えだけ思想の問題は、体がだるい、精力の減退なども生活習慣は健康のために、通し調節を正すのうつ病が、実はこれらのうつ病の症状は、肺炎、難しいを克制の発熱、力がないで、咳、たんのように、自分を制御することが困難な、肺炎らしいしだけではゆっくり休んで、お湯を飲んで治療を受けてではなく、直ちに治療抗感染のように、うつ病が直ちに受け入れ抗うつ治療、でなければ不良結果になる可能性がありません.屈託(3)に配慮し、抗うつ剤治療を受け、治療を受け、鬱剤治療を受けて.患者の多い患者に対抗して鬱憤剤の治療は多くの懸念がある.一般的な懸念の一つは薬物副反応を心配する.多くの患者が薬物説明書をよく読んで、あるいはネット上で調べて様々な内容だが、外題学問と説明書に書いてあるすべて副反応し、さらに、いくつかの珍しい反応がある一が自分の身に.実は多くのよくある副反応たとえば胃腸反応、頭痛副反応だけは治療の初期には、一般的に服用数日後に徐々に適応、薬物作用を発揮し抗うつ時、各種の副反応が軽くなり消えて.また薬を服用していて、副反応が代表的であることを代表して、別の薬を服用して副作用があります.特に注意が必要なのは、多くの患者をうつ症状自体体の様々な不快感を主として、服薬初期は元体の具合が悪いとは限らないもっと敏感で、薬の副反応を愈す、うつ病の最も良い方法は何か』』』 もう一つのよくある顧慮心配は抗うつ剤を服用して中毒.抗うつ剤は中毒性のない,一部の患者は薬を減らして薬を止めて薬を止めた後に少し調子が悪い、