道中日光はちょうど、ほほえみを携えて出発します.朝空気はちょうど、両手で呼吸をしてください,
.街の春風はちょうど、足を止めて.今日の気持ちはちょうど、生活に抱擁して下さい.

朝あの縷の暖暖の光の日光は乳の白色のカーテンを通して全体の心房、暖かで、また喜びます.悲しい,水虫、悲しいと悩み、心の中には喜びがあります.今日の1つの下に1秒、美食に期待して、遊んで、ショッピング、本を読むのです…簡単で平板な生活.淡い満たされて言語.

カーテンを開けると、印が目に入るのは純粋な靑は、雾霾は、曇り空,世界はこのようにきれいで、ただすべての人の観スポット異なることから、各種の観点.しかし(in MYビュー)この純粋な空に属しているすべての人.

窓を押し開けて、ざわめき、呼び売りの声、汽笛の音…騒音という人は多いが、心が静かにして、十分に.その声は生活のリズム、命の賛歌だと思う.措していないで,風は吹いて来て、私は笑った.今日は天気が晴れているから、安心して覚えてることはないか.