水虫の原因は種類によってたくさんあります。水虫は、カビの一種である白癬菌が、皮膚の角質層に寄生することによって起こる皮膚の病気です。白癬菌は手やからだにも感染しますが、9割近くは足です。足に繁殖しやすいのは、靴を履くために足がむれ、菌にとって過ごしやすい高温多湿な環境を作るからです。最近は女性も仕事で一日中、靴を履いたまま過ごす人が増えたため、男性に限らず女性にも水虫に悩む人が多いようです。
白癬菌とは白癬菌は、ヒトの髪や爪、角質、動物の毛や鱗などに含まれるケラチンというタンパク質を好んで栄養源とするカビです。30種以上の菌種があり、土壌に宿るもの「土壌好性菌」、動物に宿るもの「動物好性菌」、ヒトに宿るもの「ヒト好性菌」がありますが、足に水虫を起こすのは、ほとんどがヒトからヒトにうつるヒト好性菌です。
白癬菌は、水虫にかかった人の皮膚からはがれ落ちる角質(鱗屑)の中にも生きているので、それを素足で踏んだりして菌が付着することにより感染します。しかし、菌が付着しただけで、すぐに水虫になるわけではありません。感染が成立するのは、洗い流されずに残った菌が、傷ついた角質から入り込み、なおかつ繁殖しやすい環境にあった場合です。
白癬菌は、高温多湿の環境を好みます。また、皮膚表面に汗や汚れが残っているアルカリ性の皮膚環境も、白癬菌が繁殖しやすい状態です。毎晩入浴して足やからだを清潔にし、弱酸性の状態に保っていれば、感染は予防できます。
水虫の予防について
水虫を予防するためには、原因である白癬菌が好むジメジメした環境を作らないことが大切です。日々のケアで足まわりを清潔に保ちましょう。足はむれやすく、不潔になりやすいので、白癬菌の大好きな環境になりがち。毎日の入浴で足をこまめに洗いましょう。忘れやすい指や指の間も、せっけんでていねいに洗うように心がけます。角質を傷つけると白癬菌が入り込みやすいため、軽石や角質とりの使用は控えます。
家族に水虫の人がいるときは、浴室の足ふきマットや共用のスリッパなどから感染することが多いので、頻繁に洗ってよく乾燥させて使用することが大切です。あまり神経質になり過ぎる必要はありませんが、床や畳の掃除もできるだけこまめに行いましょう。
密閉性の高い革靴、ハイヒールなどは指の間を湿りやすくするので、自分の足に合った通気性のよい靴を選びましょう。一日履いた靴は湿気を多く含み、菌が繁殖しやすくなるため、数足を毎日履き替えるように心がけます。靴下はナイロン性のものを避け、吸湿性の高い木綿、麻素材を選び、よく洗ったものを毎日履き替えましょう。銭湯や温泉、プールやフィットネスクラブなど、たくさんの人が素足で利用する施設では、白癬菌が足に付着しやすいので、感染しないようよく洗い流し、菌が繁殖しやすい環境を作らないように気をつけましょう。
水虫の対策について
水虫の対策には、皮膚に入り込んだ白癬菌を殺菌する抗真菌薬の入ったくすりを使います。しばらく使ってかゆみなどの症状が治まっても、角質の奥深くに入り込んだ菌が生きていることがありますから、皮膚が新陳代謝により新しく入れ替わるまでの間、少なくとも1、2ヶ月以上は根気よくくすりを使用し続けることが肝心です。